上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今まで使っていたOlympus E-300は世界初のCCDゴミ取り機能付き。
約3ヶ月使っているCANON KissDXはCANON初のゴミ撮り機能、あっ違ったゴミ取り機能付き。
さて、今朝は曇り空なので、撮像画素(正確にはローパスフィルター)のゴミチェックをしてみました。

resize0526.jpg
結構ゴミが付いてます

クリーニング機能では全然取れません。

追記
残念ながらの曇天。氷像を撮りに行きましたが、思ったような光は入りません。車を停めた実家に帰り、一旦画像をチェックすると、f7辺りから、ゴミが見えます。
再度空をf22で撮ると、、、
resize0526.jpg
またゴミが増えています。


gomi.jpg
一時はここまでゴミが付いちゃって


精神衛生を考えて、カメラ屋に、、、、、こんな製品を買ってみました。ゴミ吸引したら外部に排出して、静電気で外部のゴミの進入を防ぐってグッズ。
resize0014.jpg

店で店員さんと試してみると、、、1カ所取れません。が、、説明書に書いてあるように油性のゴミかも知れないと、説明書通り綿棒を使って、その後またクリーナー、、、、ありゃぁ、綺麗にゴミは取れました。
これ、いいかも知れない。

クリーニング機能がこの程度なら、NIKON D80でも良かったな。


resize0015.jpg

resize0012.jpg
この氷球、表側を彫るのじゃなくて、内側を彫ってありました。凝ってます。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。