上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 何を考えているのかキヤノン。
1年使ったデジタル一眼 40Dに後継機が登場とのことで、新機種の機能も未発表の内に40Dは手放しました。だって持っていたところで、どんどん値下がりしちゃいますし(デジタル機器は買い換えが私の信条なのです)。


 新機種の機能が発表になって、、、、、キヤノンは何を考えているのか全く判らなくなりました。
殆ど主要機能は変えないで、特にAFユニットはそのまま?に画素数だけ増やした50Dを発表。
いや50Dなんかいいや、5Dの後継機を密かに狙っていましたが、馬鹿野郎。
撮像画素と背面液晶の画素数を上げれば売れるもんじゃないでしょ。おっ、これは買いたいとピクリと食指を動かせてくれるカメラを何故に作ってくれない?。あいやぁ、、買える価格帯で、、、。
高感度処理が売りのキヤノンだったはずが、他のメーカーと大差ない。AFもちっとも正確じゃない。勿論私の腕が伴わないのが大きな原因だけど、それを補ってくれるのがカメラの性能と言うもんでしょっ!!。
世の中、画素数が上がれば性能が良いと思っているのか、一枚8MBにもなるデーターをどうやって取って置けってーの? 5Dmark2などjpegで10MB以上ですよ。
ましてや画素数が上がればかなりの解像度のレンズを持たないと、カメラの性能をフル発揮の写真は撮れません。

 こんなカメラを後継機に買えってぇの? 今週末には50D発売ですが、予約購入の予定無しのカメラは久しぶり。でも他のカメラを買う余裕もないし、、、欲求不満が募ります。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。