上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 もう一ヶ月以上、光の無い日曜を過ごしています。今日も雪模様。

電話でお誘いを頂いたので、TFPさんへ向かいました。

Luckyさん、ちょっと望遠に興味有るのかな?
私のカメラとレンズを試用して、ココアを撮ってくれました。
CANON Kiss X2+SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM
S001690.jpg
どんな機材を使っても上手いよねぇ。

さて、雪の上にポツポツとゴミの様な点々が見えますか?
近づいて良く見ると、何かの種のように見えます。今頃何なんだろうと思っていたら、管理人さんがカメラを持ってきて、見たことのない鳥が群れをなして来ていて、これは一体何という鳥なんでしょうと撮影した鳥を見せてくれました。白樺の実をついばんで散らかしているらしいです。

見るとまだ白樺に数羽がいます。
S001688.jpg

確かに実を食い散らかせていますねぇ。
S001689.jpg

写真に撮って見ると、ヒワだと思うのですが、事務室でインターネットで野鳥を調べるサイトを助言しながら調べてもらうと、やはりベニヒワの様です。
ドッグランでバードウォッチング、曇って光が無かった日曜だけど、まっいいかっ、、、(^_-)。


蛇足
ネットなどを見ると、あまり画質評価が良くないSIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMですが、この焦点距離でこの価格でこの画質なら悪くないです。
こんな曇った日にも、Luckyさん撮影の写真はほとんどピンが来ています。
500mmズーム、面白いですよ。
ただ野鳥などを撮る場合、明るくないレンズなので、ご覧のようにシャッタースピードを上げられず、被写体ブレが生じやすいですね。
さらに風とついばむ鳥の動作と、おまけに空に向ける露出なので、矢張りバードフォトは難しいですね。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。