上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.09 悪戦苦闘
S004028.jpg
勉強部屋の脊柱模型

 カイロプラクティックの勉強を始めてまだ2ヶ月目。
座学はかなり速いスピードで進まざるを得ません。解剖学、病理学概論、一般臨床学、、、、、etc。
昨日は一般臨床、血液・造血器疾患:総論.血球の分化について。
骨髄系幹細胞は、顆粒球単球系幹細胞から、、、、みたいな講義から、雑学として「赤血球はこう言う形で、核がない。何故か。それは、、、、」黒板の字を写すだけで精一杯。

座学、何が大変かって、漢字の読み書きが一番大変です。
簡単なはずなのに、読めそうで、読めない。書けそうで、書けない漢字のオンパレードです。
例えば、あご、ひざ、なんてのが正確に書けませんでした。前腕部の橈骨なんてのや
肘、踵なんて音読みが出来ませんでした。講義中に出てくる「がん、しゅよう」も始めはカタカナで書いていた有様。
電子辞書を傍に置き、尚かつ医学大事典のソフトを入れて、解らない事は都度調べながら授業を受けています。
7月には前期の中間試験。
時々、講義が脱線して面白そうな雑学話になることもあります。いずれ書きますね。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。