上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は夕刻から結婚披露宴に出席してきました。
笑っちゃったのは、初めての式場だったので、建物内で会場が何処なのか判らずうろうろ、、。
 会場は、ドイツ風内装。料理はフランス料理でした。
menu.jpg

若い二人の門出はいつも初々しいですね。

 ところが、雛壇のすぐ前に座った私は気になって仕方ありません。
カメラマンのカメラがです。
今彼が手にしているのは、EOS 5D。そして私に背を向けた肩に掛けられ、背中に見えているのは、EOS-1Ds Mark II。レンズは、、、レンズはぁ、、、そう動くなって、、、何ナノそれ、、EF24-105mm F4L IS USM ? 気になって仕方ない。私の視野の新郎新婦と、アナタの位置はカブリっぱなし。必然的にアナタのカメラしか目に入らない、、、。
 ご両人のお色直しの際についつい声を掛けてしまう。
「アーサーは今どのくらいで撮影ですか」
ところで、アーサーって判ります? 今ではISOなんです。今時こんな風に言う人いるのかなぁ。
「感度ですか、、えーと、400ですね。」
「この会場ノーフラッシュでぇ!?」
「レンズが明るいですから、、、」
「今日の両方のカメラで100万くらいですよねえ?」
「全部ですと、そのくらいかな? 買ったときはもう少し?」


今年のPMA出品ではSONYも35mmフルサイズを出して来ました。今後キヤノンも中級機以上は35mmサイズになっていきそうな気配。35mmになると今以上にピントがシビアになります。APS-Cサイズ専用デジタルレンズは、買い控えなくちゃならないってこと? 
おいおい、勘弁してくれよ。ずしっと肩が下がる私でした、、、、はじめから購入資金もないのにねっ。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。