上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
S004189.jpg

 子供達がまだ家にいた頃は、ビデオを良く撮っていました。
ちゃんと編集して、テロップも入れてBGMも入れて、、、、私の最後の作品は長女の中学の卒業式かな。
 それからも妻の国内・海外旅行なんかには、ビデオカメラを持って行かせ、せっせと編集するのは私の役目。
行けもしなかった旅行のビデオを、妻の旅行時間より長い時間を掛けて編集しておりました。
カヌー仲間の方は覚えておられるでしょうが、ツアー中の様子も良く撮っておりました。

「家族の記録」と名付けたビデオ集も、早い内からDVDに移し直して見ておりましたが、ハイビジョンテレビになってから、どうにも画質が気になって、見るのも辛くなり、撮ることも編集することもしなくなりました。

でも最近、またもや動く記録が欲しくなりました。しかもどうせならフルハイビジョンで残したい。
でも資金に余裕はあるはずもなく、、、でも欲しい、、、
新しいデジ一を買う資金は、会社勤めのうちにへそくりをしてありますが、それには手を付けたくありません。ウジウジと妻を口説いておりました。(あっ、大丈夫です。そのへそくりの事は妻も知ってますから)
まあ、そのくらいの価格ならとOKをもらって買ったのが、SANYO製一世代前の機種、Xacti DMX-HD1010です。
色々性能に不満や不便なところはありますが、値段からすると私には十分です。妻も楽しいと言ってくれてますし、発売当初は10万円を超える価格が今では1/3以下、かなりコストパフォーマンスは高いです。
この機種、被写体に思い切り近づけるマクロ機能と、1秒間に300フレームのスローモーション撮影機能が付いてます。両方とも楽しい機能ですよ。今日はマクロ撮影をご紹介します。



この次はスローモーションのご紹介をしますね。これも普段の何気ない場面をスローにすると面白いです。

 実はさくらさんのXacti購入が、ドーンと背中を押してくれました。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。