上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
risiseSANY0253.jpg
これ何だか判る人、います?

 まだ学校は期末テスト期間なのですが、妻の休みに合わせて、私はおサボリしちゃいました。
妻が食べてみたかったと言う「明石焼き」を、今まさに食べています。
明石焼き一人前と、ビール大ジョッキ2杯です。まずは小腹を温めてから行動開始します。
(大阪の友人たちよ、急に電話が掛かってきたら、宝くじに当たったと思って許せ) 
 実は、トイプー・ココのつれづれ日記の、ココパパさんの記事から我が家も「小龍包」を食べに行こうと、いつもより遠出をすることにしました。
我が家の事ですからどんな遠出になることやら、、、、、、、、、



その一

 事の起こりは、「トイプーココのつれづれ日記」のココパパさんが書かれた、鼎泰豊(ディン・タイ・フォン 台北が本店)池袋店の小龍包記事からだったんです。

S004207.jpg


そう言えば、かなり久しく食べてない、「小龍包、横浜のどっかの店のレトルトか冷凍物、売ってなかったっけ?」とココパパさんの記事をのぞき込みながら、自分のPC画面をのぞき込んでる妻に話しかけた。
「う~ん、あったと思う。買ってくる?」
「頼むぅ、この記事で食べたくなったぁ。」


しかし何日過ぎても、食卓に小龍包は上ることがなかった。
スーパーに行って自分で探すことにしたが、有ったと記憶していた棚や、横浜の某中華料理店の品を置いた冷凍棚にも、探すことが出来ない。

 食べ物の話になると、少々ムキになる私、随分日にちも経ったので、何処かで食べられないかなぁなどと妻に話したある日、また自分のPC画面をのぞき込みながら妻が言う
「小龍包、食べにゆく?」
「どこへ?」
「鼎泰豊へ」
「どこの」
「上海の」
「いくら掛かるの?」
「2×,000円。ほとんど食事付いてるツアー、鼎泰豊も。」
「(^o^)!!、、、(いや、失業者は贅沢出来ないと心の中)」
「申し込んでおくわよっ、いいわねっ」
「(^_^;)・・・・・・・(あやふやな返事を返す)」



その二

 後日旅程を聞くと、催行はHISで関空出発の3泊4日、ホテルはインター・コンチネンタル浦東で、2日間は全食事付きとの事だった。ここまでは申し分ないが、しかし飛行機の時間が悪すぎる。出発は午後の便で、着いたらすでに夜で、帰りも午前中の早い便で帰らなければならない。
「そりゃ駄目だ、面白くないよ。止めよ止めよっ!キャンセル」
「でも、あと3,000円払えばタイムオーダー出せるみたい。行きは午前の早い便、帰りは午後の便。でぇ私、この旅行、会社から補助がもらえるかも。」
「はっ?はい?! はい、行きましょ行きましょ! 行ってきましょう!!、楽しみましょう!!!」、、、、そこらのおばさん以上に現金な私です。

中国には推拿(すいな)と言う徒手医療技術が有りまして、凝った筋肉の緩め方に、自分なりの技術を身につけたいと試行錯誤しておりますので、これまた絶好の機会。それに医食同源のお国柄ですから、願ったり叶ったりと、あの始めのあやふやな返事はどこへ行ったやら、、、、、自分勝手な理由付けを用意して、いざ出発っぅ!!
S004209.jpg
(ついでに大阪の友人達とドンチャン騒ぎをもくろみましが、時間が足りませんでした。)




その三

行くとなったら徹底して情報を仕入れる私、私が一緒となるとほとんどお任せの妻。でも今回はツアーですから、自由な行動は着いたその日の半日だけ、、、。
ちょっとつまんな~い。
まっ、とりあえずの下調べでは
1.言葉は?
 中国語(普通話)だが地元の人は上海語。いずれにしても解る訳がない。街中で日本語、英語はほとんど通じないという。
ただし今回宿泊のホテルでは、ほとんどのスタッフが日本語OKだったと誰かのブログに書いてあった。

2.上海市内での移動は
 地下鉄駅はホテルからは2番線、世紀大通駅が近いらしいが、タクシー代が安いので便利らしい。ただし台数は人口の割に少ないようだ。

3.通貨は
 中国元だけど、現地の表記は日本円と同じく¥と書いてある。レートはどこでも一律で決められているが、滞在先のホテルでは手数料なしで両替が出来る。100元札は小さな支払いの時に嫌われる。一元約15円と考えておくと計算し易そうだ。

4.電化製品
 電圧は220V・50Hz。コンセントの形は場所によって違う。ホテルによっては変圧器や変換プラグを用意してあったり、貸してくれる。

5.治安
 来年の万博に向けても、治安は強化されているとのこと。置き引き、スリはいる。車両交通マナーは最低らしい。車両は、赤信号でも右折出来る交差点有り。

6.トイレ
 公衆トイレは2種類。コイン式で1元コインを入れるとドアが開く。掃除の係員が居て、入る際に5角(0.5元)ほどを払って入る。
レストランやホテルを利用するのがおすすめ。ニーハオトイレは少なくなってきたらしい。下調べではシャワートイレはホテルオークラだけ設備。


その四

 ずっと上海のお天気を調べていました。
日本気象協会と日中新聞等の中国内の情報を元にした予報とでは、全く食い違います。
日本気象協会では滞在日はすべて晴れ。対する中国内の情報ではほとんどが雨。8月の気温の記録ではどちらも同じ様で、暑い日は37℃湿度80%、、、、は、私には死にそうな気温です。9月に入ってからも、30℃以上の気温が続いているようです。
 ある地域の海外に行くときは、服装もフォーマルなものを持ったり、靴も合わせて持ったりするのですが、情報では必要はなさそうです。とにかく汗をかいても大丈夫なポロシャツ類を中心に、洗濯しなくても済むよう日数分用意しました
持参品には、いつも使っているUMPC(ブログアップ用)、カメラ(KissX2)+レンズ2本、買ったばかりのビデオカメラ(Xacti)(私は基本的にお土産や買い物はほとんどしません。その代わり写真やビデオがお土産になります)、コンセント変換プラグ6種。
今回いつもと違う持ち物は、常備薬(+解熱用坐薬+止瀉薬)、抗ウィルス用マスク、アルコール系ウェットティッシュ、ペン型染み抜き(油料理用)、電子辞書(中国語は全く解りません)、それからいつも持ちますが、サニーナティッシュも持ちました。

さて、情報や持ち物は役立ったのでしょうか、、、、ご報告はまたつづく、、、、、、。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。