上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
091129iso640002.jpg

 
 私があこがれる写真を撮っていらっしゃるカメラマン、飯塚達央さんが氏のブログの中で、7Dがウェディングカメラに向いていると書いています。う~ん、そうなんですか?!。ただ飯塚さんは、多くのプロカメラマンがそうだったように、ウェディングカメラマンもしていましたし、いつも行くドッグラン、TFPさんのりょう&ともご夫妻のカメラマンも氏だと聞きます。飯塚さんのサイトでウェディング写真も見ますが、すっごく好きです。そんな飯塚さんが言うのですから、信じても良いのかも、、、、。

 今まで所有していたデジ一の常用最高感度は、ISO3200でした。ウェディングに向くと言うことは、好感度撮影ではどうなんでしょう?。7Dの最高感度ISO6400は試していないので、ちょっと試写してみます。画質の感想は人それぞれと思いますが、やはり輝度ノイズが酷いです。その割にカラーノイズは少ないと感じます。
試写の中で驚いたのは、かなり暗い中で撮影をしたのですが、Kiss X2、D300ともAFで合焦できませんでした。飯塚さんがウェディング向きと言っている理由の中に、もしかしたらこの暗い中でのAFの効きも言っているのかも知れません。かもですよ、、、、、、

 
 
 下の写真はKiss X2では合焦出来ず、D300では合焦出来た暗さの中で撮影したものですが、この位の明るさがあって、リサイズするとノイズは感じられなくなりますね。
091129_MG_5845.jpg
これなら使いたくなります。



 さて、7D用の標準域ズームレンズですが、セットレンズにもなっている15-85mmは周辺収差(周辺流れ)が大きそうなので、TAMRONのSP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16)を手ぶれ補正付きのModel B005にリプレースして常用することにしました。
手ぶれ補正の効きも良さそうなので、夜景撮影にまた上海に行きたいなぁ、、、香港でもいいなぁ、、、シンガポールのイルミネーションもいいなぁ、、、、。
何処にも行けないんですけどね、、、、、
091129 7D




書きながらふと、円高や今後の景気動向を考えてしまい、ドバイショックでこれから何処にお金が流れるのか、、、ものの流れはとか、、、、鳩山総理の献金疑惑が進むと、円高は、、、、とか、、、、雇用問題もますます深刻化して行くでしょうし、、、、ちょっと考えちゃいます。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。