上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 肩こりについて聞かれるときが良くあります。
とても沢山の原因があると言われていますが、ちょっと試してくれますか?

凝ったなと思うところ、肩でも腕でも首筋でも、指を立てて押してみて下さい。
痛いですか? もし痛いならそこは「圧痛点」と言います。
では、写真の様にその圧痛場所の皮膚をつまんでみるとどうでしょう?
s004330.jpg

写真に見えるように強くつままなくとも、中にニキビでもあるのではないかと思えるように痛く、他の場所より少し厚みを感じますか?(写真の場所なら、ご自分でつまむのは無理ですが、首筋などで試して下さい。)

ちょっと試してみて下さい。

これはカイロプラクティックの範疇ではありませんが、筋肉(軟部組織)の緊張もほぐさなければなりませんので、色々なほぐし方を試します。
こうやってつまんで痛ければ、筋膜の問題の可能性もあります。手の届く範囲なら、ご自分で痛みやこりを和らげることが出来る場合もあります。
ただし、筋膜が痛みをもたらす直接の原因でも、元々のこりを作っている原因は人それぞれで、根本を解決するには別のアプローチをとらなければなりませんので、誤解のありませんように。

まず圧痛点の皮膚をつまんで、痛みがあるかないか、確認して下さい。

続きはまた
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。