上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.31 レンズ
 レンズ修理に出しているCANON EF70-200mm F4L USMが戻ってきません。

 実は、今週から期末テストに入りました。本日は胸椎の矯正実技テスト。
そんなカメラのことを言ってられないのですが、この試験の最中ですが、日曜日にフリスビードッグを撮影しに行きたいと思っています。修理中のカメラとレンズが気になって、販売店からメーカーサポートに連絡を取ってもらうと、カメラに異常は無かったようですが、レンズの方がサポートで修理を終えて再テストすると、AFが効かないそうで、再修理に入ったとのこと。
どうやらレンズは9月中旬に戻ってくるようです。

s004722.jpg


 キヤノン用は10mmから500mmまで、レンズの画角は揃えましたが、ニコン用はまだレンズを揃えていません。
最近ではキヤノンよりニコンのD300を常用しています。で、レンズを1本、広角を足しました。
私のことですから、純正は買えません。D300は画素数も適度なので、手元にあるキヤノン 7Dよりはレンズを選びません。そこで、ずーと気になっていたTOKINA AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8を手に入れました。
手元に届き、試写してみましたが、絞り開放から良い噂通り解像感はしっかりシャープです。逆光性能が悪いとのことですが、キヤノン用のシグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSMも、逆光では壮絶なフレアー・ゴーストが出ますので、超広角域レンズではある程度仕方ありません。ディストーションはシグマの勝ち。解像感はTokinaが勝ち。
このレンズを手に入れるのに、防湿庫からまた2本レンズが減りました。


室内照明ではこの程度ですが、夕日などではどうでしょう。
この広角域でも、これだけぼけてくれます。
s004723.jpg
悪い評価通りであれば、逆光では使い物にならないと、、、、
現段階では、光源周りのパープルフリンジの方が気になります。

s004727.jpg
画質は結構シャープです。

これから実践投入して行きます。



フレアーもこの程度なら、効果として楽しみます。
今度は、絞り解放で撮影テストしてみます。
s004728.jpg

発色が良いので、風景撮りには良いかも知れません。
s004729.jpg
センサーに大きなゴミが、、、、


ソフトフィルターを付けて、星空撮るのも良さそうです。
上の撮影には、ケンコー プロテクトフィルターPRO1Dを付けて撮影していますが、枠ケラレは出ていないようです。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。