上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 GPS DATA ロガーなるものを手に入れてみた。

s004809.jpg


 GPSカメラを買ったり、いったいそんなもので何するの?と聞かれそうですが、白状しましょう。
実は妻、旅行に出掛ける予定でした。それも私を置いて、、、、。


 まあでしたと書いたのは、予定が遂行されなくなったからなのですが、今年4月に夫婦で行ったトルコ旅行の際に、どの道をどう通ったか分からない、この食事をとったのは何処のレストランか分からない、この写真を何処で撮ったのか分からないと言ったことに、旅行から帰って気がつきました。
旅行から帰ってから、何処をどう通り、何処で写真を撮ったかなどを記録できれば、思い出は何倍にも膨らむでしょう。
 
 

 妻が出掛けると聞いたとき、なら写真もビデオも一台で済ませ、出来れば何処に行ったかの記録も、取ってあげられるようにしようと思った訳です。
この妻のお出かけは、結婚と同時に病気療養宣言をした某女性歌手と、妻も同じ病気だったと判明してしまい、お医者様から旅行は禁止宣告をされてしまったのでした。まあ妻本人いつもと変わりなく、元気に過ごしておりますが、加療中は遠出は駄目のようです。

 さて本題に戻って、GPS DATA ロガーって何をするのかって言うと、携帯している間、自分の通った軌跡を記憶するものなのです。どうやってと言いますと、GPSを使って世界中何処にいてもGPS衛星の電波を受けられる屋外であれば、何処をどう通り、その時間は何時だったのかを記憶出来る仕組みになっているんです。
そしてカメラの時計を正確に合わせておけば、その写真が記憶された行動軌跡と時間を照合して、何処で撮られたものか符合してくれるのです。

例えばこのロガーを携帯して(下の写真のようにダッシュボードに置いてもOK)、下のような写真を撮ります。

s004807.jpg

土地勘がなければ何処で撮った写真か、記録された時間を元に、記憶を辿らなければなりませんが、専用ソフトでロガーから行動軌跡情報を取り出して符合させると、、、、

s004808.jpg

何処をどう通っている最中の、何処で撮った写真なのか分かります。
その写真にも位置情報を付加することも出来ます。


 このGPS DATA ロガーですが、屋外にいる限り何処をほっつき歩いたかも記憶されますので、使用に際しては、、、、ご主人!、使用方法など奥様に内緒にされますよう、、お気を付け下さいますように(笑)。

 さて、私の購入しましたロガーですが、ロガーの中では最廉価に入る製品です。同様の商品がもっとお安く他社でも扱われていますが、付属ソフトが使いにくく、使いやすいソフトをバンドルして取り扱っている会社が、お隣町にありましたので、そこから購入しました。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。