上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.13 手ぶれ
 新兵器、手ぶれ防止機構付きレンズについて書きました。
でも私は、普段から35mm換算400mm超のレンズも手持ちで撮ります。鏡筒をしっかり支え、しかしグリップ部はあまり強く持ちません。シャッターの指に力が掛かりすぎると、シャッターを押す瞬間にカメラを揺らしてしまうからです。
では、年末年始に撮った写真から紹介しますね。
resize0277.jpg
撮影条件は
レンズF値 : F6.3
シャッタースピード : 1/50秒
レンズの焦点距離 : 17.00(mm)

になります。
広角域ですから、このシャッタースピードでもあまり手ぶれは気になりません。

次の写真は、もっとスピードが落ちて、被写体ブレを意図して狙いました。でも手ぶれはあまり感じないと思います。

resize0276.jpg
こちらの撮影条件は
シャッタースピード : 1/10秒
レンズ絞り値 : F6.3
レンズの焦点距離 : 25.00(mm)

1/10でもカメラをしっかり構えて、そっとシャッターを切ると手ぶれは押さえられます。
私の場合、被写界深度の方を気にしますので、殆ど露出優先で写真を撮ります。ファインダーを覗いてシャッタースピードが落ちていると、動きの有る写真が撮れるぞ~っ、狙ってやるぅって気になります。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。