上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.20 撮りたい
100mmマクロレンズで撮りたいものがあります。
ホントは人の表情が撮りたいのです。昔ならちょっと断って、レンズを向けてたりもしましたが、最近では見知らぬ人にレンズを向けることもありません。

 私のHP、Linkページにご紹介させて頂いている飯塚達央氏のブログを読んでいました。
そしたら、、、写真家の渡部さとる氏が来ると書いてあります。
今年の東川町国際フォトフェスタへ遊びに来るそうな。
渡部氏の露出セオリー「感度分の16」って、試すとおもしろいですよ。と言うより、暗いところは暗く、明るいところは明るく、何とも素直な露出になります。(昔フィルムの箱の裏書きにあったシャッタースピードと露出の表と同じかも?)
晴天時、感度(ISO)を100に合わせたら、シャッタースピード1/100 F16に設定する、もし200なら1/200 F16ってこと。
私の持っているOlympus E-300では空を撮ると、コダックブルーと言われる深みのある空色が出ますが、Canon KissDXではくすんだ薄い水色にしかなりません。そこで感度分の16を試すと、かなりOlympusに近くなります。写真全体に深みを増すのです。
s_MG_8794.jpg


渡部氏の写真を雑誌などで見るとモチーフは、風景だったり、物だったり、、、でも氏自身が言われるように、氏の人物写真が一番好きです。私が街中スナップを撮り始めたのも、渡部氏の影響大でした。
せっかく中望遠マクロレンズがあるので、人物スナップやポートレートを撮ってみたいのですが、モデル探しに苦労しそうです。お声掛けしたら、その時は快くOKをお願いしますm(_ _)m。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。